物販一覧

特許調査は自分でできるんです!( J-Platpat ・Graphic Image Park)

開発を続けてきて、新しい技術を発明した!そしてその技術を特許取得したい!と思った時に、既に同じ技術が特許登録されているかどうか確認したい、またはこの技術は特許取得できるのだろうか、と思いますよね。そんなときに、弁理士さんに頼んで特許調査をしてもらうとお金がかかります。

特許申請のタイミングはいつがいいのか?

そもそも、よりよいタイミングというのは何なのか。この事から入らなくてはいけません。私は裕福でも頭もいいわけでもありませんので、なるべく効率よくお金をかけずに、なるべく小分けにして資金投資したいという思いがありました。これは皆さんとも共通する部分が多いのではないでしょうか。

特許にかかる費用!

今まで特許の概略などについてお伝えしてきました。そして、やはりお金についてのことを抜きにして話を前にすすめることはできません。今回はその特許申請にかかる費用について、事務所ごとにしらべた内容を一覧表にし、そして平均額までお伝えします。調べ方今回の調べた方法は、ホームページ上に掲載されている内容と、

特許取得の補助金は何があるの?

今回は、特許を取得するための補助金についてです。国内・海外に関係なく、特許取得にはそれなりの金額がかかります。そのお金を助成・補助してくれる制度がありますので、利用しない手はないです。その補助金について、どのような種類があるのか、紹介いたします。

特許の「新規性の喪失」とは?

特許の申請を行いたいが、いつ申請すればいちばんタイミングがよいかわからない、という方は多いと思います。では、特許を開発した段階で「いつ申請すればよいのか」について詳しくお伝え致します。

販売戦略のための「市場リサーチ」とは

 市場にニーズがなければ商売をしても成功しません。市場はニーズによって支えられ、経済は市場によって活性化します。通常であれば毎年2%の経済成長をするといわれていますが、その根源がニーズです。ニーズは何から湧き出るかというと、人間の欲求です。

販売戦略の「優位的ポジショニング=特許」を知る

 AmazonやYahooSHOP、楽天、eBayなどで転売・せどりをおこなっているが、だんだん売上があがらなくなってきた、という方には朗報です。いまや簡単に自分のショップサイトを誰でも作れてしまうため、販売者が乱立し、有象無象の状態にはいっています。しかし、・・・

プライベートブランドを立ち上げるには?

 いままでAmazonで転売を含める物販をやってきたが、売上がうまくあがらない・・・という方は多いと思います。私も輸出の転売を行っていましたが、規制の厳しくないときは問題ありませんでしたが、ここ数年、知的財産やサクラレビュー問題が取り沙汰され、Amazonも無視できない状況になってきています。